医者

アルツの治療

看護師

脳が衰える病気、アルツハイマー。その治療は、それぞれのアルツの程度に合わせて行われます。初期段階で症状の進行をくい止めるための薬、その他手術やリハビリなど、治療方法は選ぶことが出来ます。

詳細を確認する...

原因が未だ不明である

悩み

難病と呼ばれる原因不明の病気のひとつに、突発性難聴というものがあります。突発性難聴とは突然的に耳が聞こえなくなる原因不明の病気です。突発性難聴になるということは突然不自由な生活になってしまうということです。

詳細を確認する...

生活習慣を改善

悩み

骨粗鬆症とは骨がもろくなる病気でご年配の方が多くかかる病気です。骨に含まれるカルシウムなどが減り、背中や腰が曲がり身長が縮んでくるなどの症状があります。骨粗鬆症は重症になると咳やくしゃみなどで背骨などの骨折で寝たきりになってしまうこともある恐ろしい病気です。また、自覚することが少なく周りの人に指摘されて初めて気付く方も少なくはありません。骨粗鬆症は女性の方がなりやすい病気と言われています。女性ホルモンに含まれる骨吸収を抑える作用の成分が閉経などにより、骨吸収を抑える力が弱くなるためです。また、ご年配に多い病気と言っても油断は禁物です。若い方でも過度なダイエットや喫煙などの生活習慣病でも骨粗鬆症になる可能性は大いにあります。

骨粗鬆症にならないための予防として、食生活を含めた生活習慣を改善する必要があります。骨を丈夫にするためにカルシウムとカルシウムの吸収を促す食品をとると良いでしょう。乳製品の他に大豆製品や小魚、緑黄色野菜にもカルシウムは含まれています。また、骨粗鬆症は若い頃の運動不足が原因で発症する方もいます。適度な運動をすることで将来の骨粗鬆症の予防に繋がります。また、骨を強くするための運動には重量挙げのように大きい負荷をかける運動が有効的ですが、散歩や家事だけでも予防の効果は十分です。毎日なにかしら動くことによって骨を強くすることができます。将来寝たきり生活を贈らないためにも若いうちから予防をしていくことが大切です。