医者

アルツの治療

アルツハイマーの治療には進行を遅らせる薬も有効

看護師

現在アルツハイマーを完全に治すことができる薬はありませんが、進行を遅らせることができる薬であればあります。 その薬を服用することによって、アルツハイマーの進行を遅らせ、より治療効果を高めることができます。例えば、日々の生活の中でなるべく脳を衰えさせないために、指を使った運動や音楽療法などが行われていますが、これらの治療だけでは、なかなかアルツハイマーの進行を食い止めることは難しいといえます。 また、アルツハイマーの進行を遅らせることができる薬は、アルツハイマーの症状がまだ初期の状態から使用した方がより効果が高いということが言えます。 今後のアルツハイマーの治療としては、遺伝子治療やより効果のある薬を服用するという治療法が確立されていくものと考えられます。

アルツハイマー治療に希望の光が見えてきた!

アルツハイマーの治療はかなり厳しい状況が続いていて、症状の進行を遅らせることが限界のようです。1度死滅した脳細胞は基本的には回復することはないので、症状を回復させることは至難の業です。 しかし、研究が進んできていることも事実で、アルツハイマーの治療薬で症状を回復する可能性のあるものの開発が次々と研究されてきています。また、投薬による治療以外にも、外科的な手術やリハビリなどの技術を駆使していけば、症状が回復する可能性の高いアルツハイマーがあるということもわかってきています。 アルツハイマーの症状を完全に回復させることができるようになるまでにはまだまだ時間がかかることが予想されます。しかし、治療への研究は確実に進歩してきており、いずれはその夢が達成されることが期待されています。