医者

原因が未だ不明である

悩み

最近少しずつ患者が増えてきている病気の一つに突発性難聴というものがあります。突発性難聴とは、今までの生活の中で何不自由なく耳が聞こえていたにも関わらず、突然に耳が聞こえなくなってしまうという病気で、難病の一つとして数えられています。生活の中で突然耳が聞こえなくなるということは、これからの生活が突然不自由になってしまうということです。これはとても辛いことであり、精神的苦痛を抱える人が多いのも特徴の一つです。突発性難聴の患者は徐々に増えてきており、日本だけでも数万人の患者がいると言われています。突発性難聴の特徴として、主に50代から60代にかけて発病してしまう傾向が多いです。突発性難聴の原因としてあまり明らかになっていることは少ないのですが、突発性難聴の患者の傾向を見てみると、野菜をあまり取らない人が多いという傾向が見られることがわかりました。そして突発性難聴の症状が初めてあらわれる前には、多くの人が疲れていたということがわかっています。突発性難聴の原因は未だ明らかになっていませんが、このような人に傾向が多いということは頭に入れて理解しておきましょう。

突然に耳が聞こえなくなる病気は他にもあるのですが、原因が分からず耳が聞こえなくなってしまった場合に、突発性難聴と診断されます。生活習慣病の症状である高血圧や糖尿病などの症状を持っている人に多くいますので、生活習慣病の予防をしていればある程度の予防にはなると言われています。ですが原因不明の難病なので、どのような場合にも危険は伴っているのです。特に50代から60代に多い生活習慣病は、他の病気を引き起こす原因になってしまうので注意しましょう。